もし消費者金融のキャッシングに申し込みをするとき担保や保証人が必要とされていたとしたら、私はキャッシングに申し込むことはできなかったでしょう。

私には担保として使えるようなものは何も保有していません。

私が持っているいちばん高額な商品はスマートフォンだと思います。

保証人を見つけるのも私には無理な話です。

両親に頼むわけにはいきませんし、友人や知人に私の保証人になってくれるような者は誰もいません。消費者金融の申し込みに担保も保証人も必要とされていなかったことには本当に助かりました。考えてみると担保や保証人の必要がなくお金を貸すというのは大変なことのような気もします。

お金を金融機関から借りるときは担保を用意するのはごく普通のことだと思うからです。

私の父は銀行からお金を借りたことがあるようなのですが、そのときは自宅の土地を担保にしたと父は言っていました。

どのような仕組みで担保や保証人の必要がなくお金を貸せるようになったのかは私には判りませんが、これによって私を含めて多くの方がキャッシングでお金を借りやすくなったのは事実だと思います。私も消費者金融のキャッシングが利用できてとても助かっています。

返済に困ることがいなようよく考えてキャッシングを利用していきたいと思っています。