いまや銀行の参入も相次いでいるカードローン。いざ作るとなると多くの人が迷ってしまうのではないでしょうか。

カードローンを選ぶ際は、4つのポイントを抑えることで失敗リスクを大きく抑えられます。

ひとつは大手業者であることです。テレビCMを打ち出しているような会社であれば、まず間違いはありません。大手資本がバックに付いている銀行系なら尚更です。

気を付けたいのはポスティングや電柱広告などで見かける見知らぬ業者。大手企業の金利水準より大幅に安い場合は注意が必要です。

当たり前の話ですが、金利と手数料は安いに越したことはありません。大手のほとんどは横並びになっていますが、それでも幾らかの差があります。必ず複数社を比較検討し、少しでも安いところを選びましょう。

人によっては利用限度額の高さこそが、選ぶ際の最優先事項になり得ます。その際に気を付けたいのが借入上限を定めている総量規制の存在です。すでに他社を利用している場合、高い利用限度額は望むべくもありません。

ただし銀行カードローンはこの規制の対象外となっています。ですから大金を借りたいのであれば、銀行系を選ぶと間違いありません。

最後の選定ポイントは、返済方法や期間が自分に適しているかどうかということです。返済期間があまりに長くなると、支払総額が嵩みすぎるので注意が必要です。繰り上げ返済が可能かどうかなどを調べてから利用するようにしましょう。